2017年8月18日金曜日

自主保育型森のようちえん【といとい】


2017年春より「かのあ」とは別でNAOが代表となり動き始めた

「千歳自主保育型 森のようちえん“といとい”」

「自然の中で自然にいきる」をモットーに今年度は週に1回

千歳市内で森のようちえん活動を行っています。

活動のベースは「自主保育型」という専任の保育者を置かずに

保護者皆で皆の子どもをみまもるというスタイルですので

言ってみれば「野外子育てサークル」のような感じ。

興味がある方はHPもご覧ください。



8月17日苫小牧の海での活動の様子。


昆布でおおはしゃぎ。



この活動はかのあ活動とは違い「非営利活動」

今まで私たちが培った自然との接し方や自然の中でのいきかたをベースに

教えるではなく、自然体で一緒に過ごす中で、

何かしらのいきるヒントを心の中に蓄積してくれればうれしく思います。

2017年8月17日木曜日

リノベ2017秋の陣②


自分でできることは自分で。

デッキづくり。

上面はまだ未塗装。


デッキができたら日中は

洗濯物干し場所や子どもたちの遊び場となり


夜には靴を履かないですぐ行ける焚火スペースができる

というメリット。




外であって外でない使い勝手のいいスペース。

7割完成しました。

2017年8月12日土曜日

リノベ2017秋の陣①



家のリノベ二期工事。

相変わらず
「できることは自分達でやる」
「やりかたがわからないことは宮大工へ聞く」
「自分達では難しいことは宮大工にお願いする」
の三本立てで家をいじる。

デッキ工事、車庫の移動または撤去、蒔ストーブの導入、蒔ストーブ置く場所づくり、蒔置き場の制作等々。

一から家を立てるなら一からデザインを考えるし、うちのような築30年の家をリノベするときは今ある家のデザイン機能を理解し、そこにある意味を考え、出来る限り元々の性格を「活かす」方法を考える。
蒔ストーブの導入も、それを入れたときの全体のデザインや人の導線、そこに置く意味などを考える。
そーんなことを宮大工と二時間以上話した昨晩。
「こうした方がいいよ」じゃなくて「どうしよっか」と言うところから相談が始まり、あくまでこちらが答えをだす手伝いをしてくれる宮大工村上氏。
住むのはあなた達だからあなた達が考えなきゃ!という考えで相談に乗ってくれます。

どんな蒔ストーブをいれようかな~。

2017年8月7日月曜日

夏の家族カヌー


家族でカヌーin千歳川。

各々の興味。


長男ルアー釣りに熱中&大苦戦。

でも楽しそう。



長女ひたすら水の中から回やら石を拾う。


次女。自由。


そんなのびのびした三人を川に出すのは楽しさ半分。

自由すぎてヒヤヒヤ半分。


魚を観察。


2017年7月31日月曜日

夏のつぶやき


夏休み。

カヌーに来る方が増え、忙しくなるこの時期。

今年からは長男が小学生なので他人事ではなく感じています。

7月8月は相変わらずのドタバタ劇。

それが楽しかったりもしますがやっぱり疲れる時期です(笑)

秋のイベント。冬のツアー。来年の下見。

頭はパンク状態ですが色々なアイディアは出てくるので幸せを感じています。


2シーズン目だいちゃん。

ツアー中はきっと頭がいっぱいでしょう。

私のカヌーガイド2年目は19歳の時。

当時も話の組み立てを模索し、動植物の知識向上に勤め、

カヌーのスキルアップ、レスキュー練習と必死な毎日の中で

どうしたらより良いツアーができるかを悩んでいました。

今となってはそんな若僧に手取り足取り色々な事を教えていただいた

業界の先輩方には大変感謝しています。

こわいもの見たさで当時の自分を見てみたいとも思ったりします(笑)

15シーズン目となった今の私も変わることはなく日々訓練、日々勉強です。

これからもずっと日々精進。







2017年7月12日水曜日

初めてカヌーから落ちた日

暑い年です。水温も一気に上がり湖で泳ぐ人の姿もチラホラ。



長男は6歳ですがいまだカヌーから落ちたことはない為

ここらで一回ひっくり返ってみようか。

しかし水が苦手な長男。

代わりに「やる!!」といった水が大好きな長女4歳。


ひっくり返してこわい思い出になると嫌なので

リーンからの沈没船タイプで入水。


必死でしがみつくものの笑顔の長女。







2番手ながらも挑戦を決めた長男。 




真面目君は基本に忠実ラッコモード。


誇らしげ。











2017年5月30日火曜日

外からの刺激



「脱支笏」という事を頭に入れて動く2017年。

「脱」といってもいなくなるわけではなく

あくまで自分自身のレベルアップの為ほかのフィールドの勉強をする

という意味での脱支笏。

GWの仁淀川で河原でしばらく暮らした。

自然の中で生活するという根本の感覚が少し研ぎ澄まされた気がした。

朝、鳥が鳴き、日が昇れば花が咲き、

太陽が高くなると風が吹き、陽が暮れると月が現れる、、、。

「花鳥風月」

毎日が同じではなく、昨日と今日では少しだけ何かが変わる。

そんな自然のサイクルの中で私たちは存在していることを強く感じた仁淀生活。

北海道に戻り鵡川での生活。

仁淀とは違う自然の流れがそこにあり

四国とは違った川との人々のかかわり方や暮らしもそこにあった。

支笏に戻ると当たり前のようにいつも見ている森がとてもきれいに感じた。

支笏湖での3時間のツアー。

自分のガイディングの変化に自分で驚く

うまく説明はできませんが

カヌーを始めて15シーズン目。

カヌーガイドとしての自らの成長を実感している年なのでした。